確定申告の流れを簡単に説明

確定申告の流れ

確定申告の簡単な流れをご説明します。

まず、12月末あたりに、会社などから源泉徴収票をもらいます。
会社員の方が行う、医療費控除や住宅ローンなどの還付申告は1月上旬から開始されます。
確定申告に必要な書類などを揃えて、2月16日から確定申告期間が始まります。
3月15日までに申告を済ませてください。
申告が無事に済むと、4月中旬ごろから、還付金が戻ってきます。

早め早めに色々と準備しておくと、スムーズに確定申告を行うことが出来ます。
流れを理解しておくと、必要な書類を徐々に集めたり、まとめたりしていけると思います。

申告する時は、必要な書類を準備し、申告書を作成し、提出するという流れです。
簡単なようで、必要な書類がたくさんあったりするので、確定申告に向けて早めに準備しておくようにしましょう。

申告後の流れ

申告が無事に終われば、還付金が返ってきます。

還付金を受け取る際は、口座振り込みになります。
どの口座に振り込まれるかは、申告する時に書く欄があるので、自分の銀行口座を記入するようにしましょう。

確定申告後、1か月から1か月半後に還付金が振り込まれるのが一般的です。
早く還付金を受け取りたいという人は、早めに手続きを済ませておきましょう。

確定申告は、面倒くさいようですが、意外と簡単に済ませる事ができます。
国税庁のホームページで簡単に入力をする事で簡単に申告書が作成出来たり、プリンターが無くても、ネット印刷でコンビニなどで簡単に印刷出来たりするので、自分にあったやり方で申告するようにしましょう。
分かりやすい会計ソフトや、アプリなどもあるので、そちらをうまく活用しながら、確定申告がスムーズに行えるようにしていきましょう。