個人事業者なら知っておきたい確定申告

確定申告に関する注意点

注意点

一番注意しなければならない点は、申告期限です。

確定申告は1年中申告できるわけではありません。
働いている年の1月1日から12月31日までの所得にかかる税金などの集計を、翌年の2月16日から3月15日までに提出しなければなりません。
だいたい1か月しか猶予がないので、それまでに必要な書類や申告用紙などを作成しなければなりません。
ギリギリになって、必要な書類が無いというのは避けたいですよね。
なので、早めに準備し申告期限を守るようにしていきましょう。

確定申告は、最寄の税務署で行われています。
自分の地域の税務署はどこになるのか、場所なども調べておきましょう。
税務署で確定申告を行う事が一番的確ですが、郵送でも取り扱ってもらえるので、どこの税務署に送ればいいのか、書類をすべてそろえ、期限内に送るようにしましょう。

申告が遅れてしまったらどうするか

早めに準備しておくことに越したことはないのですが、万が一申告が遅れてしまった場合はどうしたらいいのか、ご紹介します。

申告期限後に申告した場合は、期限後申告となり、無申告加算税、または重加算税が課せられる可能性があります。
無申告加算税の場合は、申告すべきだった所得税に5から20パーセントの加算がされ、重加算税の場合40パーセントの加算がされます。
じゃぁ、申告しなければなんともないのかというと、そうではありません。
確定申告が必要な人は必ず確定申告をしなければなりません。

確定申告を忘れていた場合は、税務署から通告が入ります。
その通告前に、自主的に申告した場合は、5パーセントの加算になるので、期限を過ぎてしまっている場合は、なるべく早めに確定申告を行いましょう。